バスコのLIFE GOES ON!

40代でエレキギターを始めた愚か者の雑記帳。映画、音楽等についても申し述べます。

いろいろあるって若いんだもん。取り戻せるって若いんだもん。 ソウル・キッチン

f:id:Ta-Basco:20191026171907j:plain

 

2009年 ドイツ

 

 廃線となった線路の脇に建つ駅(か倉庫?)をリノベーションしたレストラン「ソウル・キッチン」。オーナーはギリシャ系ドイツ人のジノス・カザンザキス。ようやく手に入れたレストランを繁盛させるために精力的に働いています。しかし、料理の腕前は素人同然で、冷凍食品を調理したものがほとんどです。

 ジノスの恋人ナディーンは特派員として上海に引っ越すことになっていました。その送別会を催していたレストランで、腕はいいのに短気なシェフのシェインが、クレーマー客に怒って包丁をテーブルに突き立てジノスの目の前でクビになりました。ジノスはシェインをソウル・キッチンにスカウトします。

 

 翌日、経営がまだまだ厳しい中、シェインをスカウトしたばかりなのに、刑務所から仮出所してきた兄イリアスが、仮出所できる日を増やしたいから雇ったことにしてほしいとやってきます。ジノスは仕方なく応じます。イリアスは働く気など全く無く、店に仲間を連れてきてはたむろするようになります。

 

 災難は続き、ジノスは壊れた食洗機を運び出そうとしてぎっくり腰になってしまいます。しかし、保険に入っていないため病院に行けないジノスは、ナディーンから紹介してもらった理学療養士のアンナを頼ることにします。

 

 ソウル・キッチンにシェインがやってきます。しかしシェインの作る料理は、それまでの常連客には受け入れられず、店は閑古鳥が鳴くようになってしまいます。

 

 ぎっくり腰に加え、兄は役立たず、シェインのせいで店はガラガラ、ナディーンとの長距離恋愛もうまくいかない、とトラブル続きで落ち込むジノスは、かつて同級生で今は不動産業をやっているトーマスにソウル・キッチン(の物件)を売ってくれと頼まれます。ジノスが断りますが、トーマスは諦めません。

 

 一度は客足が途絶えましたが、シェインの料理を求めて新たな客がやってくるようになり、ソウル・キッチンはたちまち繁盛店になります。

 しかし、ジノスにとって目下の最重要課題は、ナディーンとの関係を終わらせないことでした。そこでジノスは兄に店の権利を譲ってナディーンのいる上海に行くことにします。しかし時既に遅し。ナディーンの気持ちはジノスから離れてしまっていました。

 一方で兄はトーマスの陰謀にまんまと乗せられてしまい、ソウル・キッチンを奪われてしまいます。

 

 結局、ナディーンもソウル・キッチンも失ってしまったジノス。残ったのはぎっくり腰だけです。そのぎっくり腰も悪化してしまい、救急搬送された病院で医師から手術をしないと不随になると宣告されます。困り果てたジノスはアンナのところへ救いを求めます。ジノスの悲惨な運命は好転するのでしょうか……。

 

 古い建物に食材を運び込み、厨房でテンポよく料理をする。最初のシーンから惹きつけられます。

 レストラン経営を成功させるという夢の実現のために頑張るジノスは、若者ならではのエネルギーに満ちていて思わず応援したくなります。

 よくあるパターンでは、起承転結の「承」でとことん落ち込んだ店が、「転」でひょんなきっかけから好転して繁盛店になって、「結」でハッピーエンドとなるところですが、この作品では繁盛した後に「転」が訪れるというワンテンポ外しとなっていて、それも個性になっています。

 ストーリーはご都合主義ですが、いいんです!テンポがよく、エンドロールも凝っていて、制作陣が楽しんで作ったんだろうなと感じさせる良作です。

  

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

ソウル・キッチン [DVD]

ソウル・キッチン [DVD]

 

アップルの修理対応が早すぎた話

 愛用しているApplePowerbook pro Early2015のディスプレイに飛沫のようなものが付いているなと思いクロスで拭いたのですが取れません。

 ネットで調べたところ、ディスプレイのコーティング剥がれのようです。保証期間後でも3年間は無償修理だったところ、現在は4年間に延長されているとの情報をネットで見つけて慌てて購入日を確認したところ、3年11ヶ月が経っていました。

 Appleのサイトでのアナウンスは消されていましたが、サポートページから辿ってオペレータに電話をかけました。なかなかつながらないので、時間を指定してコールを予約したところ、きちんと予約した時刻に先方から電話がかかってきました。

 

  一応、確認事項のテンプレがあるようでしたが、関係なさそうな項目はオペレータの方が適当に端折ってくれ、トントン拍子で発送まで手配してもらえました。AppleIDで端末のシリアル番号も登録されていることから、いちいち調べて告げる必要もありませんでした。(修理の申込み完了10月13日午前11時31分)

 注意事項として、

・ 付属品を外して本体だけ送ってほしい

・ ファームウエアにパスワードを掛けている場合は消去してほしい

・ 確認用のユーザアカウントを作ってほしい(ID:test PW:none)

・ データを消去することがあるので、バックアップを取ってほしい

という説明を受けました。

 故障箇所からして、データ消去の可能性はないかなと思いつつ、一応タイムマシンでポータブルHDDにバックアップを取りました。

 

f:id:Ta-Basco:20191023215345p:plain

 翌日午前を指定したところ、ヤマト運輸がやってきて、Powerbookを小脇に抱えてさっさと持っていってしまいました。(10月14日午後12時頃)

f:id:Ta-Basco:20191023215404p:plain

 翌15日午前8時32分に、昨日届いたというメールが、16日午前6時31分には、昨日のうちに発送しましたというメールが相次いで届き、その日の午後にはキレイに直ったPowerbookが到着しました。早い! 

f:id:Ta-Basco:20191023215418p:plain 

 

 修理伝票がAppleのクリアケースに入れられてきて、少し得した気分になりました。

 

f:id:Ta-Basco:20191023220304j:plain

 これからは、修理から戻ってきたときに挟まっていたクッション材で、ディスプレイを保護しようと思います。ノートブックの画面がキーボードで傷ついてしまうというのは、昔からの宿命のようなものですがリコール対象にしてもらってありがたかったです。

 早いなーと感動しましたが、最速だったのは集荷当日に製品をセンターに届けたヤマト運輸だったかも?

YousicianWeeklyReport 2019.10.14-10.20

f:id:Ta-Basco:20190902220236j:plain

 Yousicianから先週のレポートが送られてきました。

f:id:Ta-Basco:20191022201726p:plain

 

 練習日数6日間、練習時間1時間50分でした。今週のTipsは、YousicianはモバイルだけではなくWinやMacのアプリも用意しているよ、でした。

 ここ数週間、レポートのメールが来なかったのでYousicianから嫌われたのかなと思っていたのですが、なんだったのでしょうか。一応、空白の期間中も同じように練習していましたよ。

 

演劇を観に行きました。

f:id:Ta-Basco:20191023220718j:plain

 

 今回は映画ではなく、演劇を観に行った体験談です。語る資格もないので、演目の内容についての感想はありません。

 

そもそも

 生まれてこの方、音楽ライブはおろか映画さえも家で鑑賞するのが一番という人生を歩んできた私の(ほぼ)初の観劇体験の話です。

 絵を描いたり、写真を撮ったり、映画を観たりと比較的文化系の世界にいたはずですが、演劇とは縁がない人生を送っていました。

 

それなのに

 つい先日、ふと思い立って下北沢の本多劇場まで観劇に行ってきました。

 演目は「パパ、I LOVE YOU!」(By 加藤健一事務所)。

 舞台は、少し昔のイギリスの名門病院の医師談話室。間もなく始まる晴れの舞台での講演の準備に追われるドクターのところに19年前に不倫していた元看護婦が唐突に現れ、実は2人の間にできた息子がいて、その息子が今この階下で騒ぎを起こしていると告白されるシーンから始まります。慌てたドクターは、その場を取り繕おうと咄嗟に嘘を吐くのですが、吐いた嘘を新たな嘘で上塗りし続ける羽目に陥ってしまいます。嘘の連鎖反応が止まらない、そんな様子が滑稽で本当に楽しい、そんな内容でした。

 

それどころか

 実は今回観劇ビギナーにもかかわらず、初日と東京公演の千秋楽の前日の2回拝見しました。

 最初は千秋楽の前日だけの予定だったのですが、舞台が公演を重ねることでどのように変化するのだろうと思ったのです。

 結果、千秋楽の前日の公演は、初日よりも熟成され、更に良くなっていました(もちろん初日も完成度は高かったですよ)。

 

ということで 

 演劇には劇場でしか味わえない醍醐味がありました。この歳で新たな世界を知ることができるのは嬉しいものです。またいい演目があったら劇場に足を運びたいと思います。

 

そしてそして

 「パパ、I LOVE YOU!」は、これから怒涛の地方公演が始まるそうです。もし機会があれば是非御覧ください(各地の鑑賞会の会員限定のようですが)。オススメです。テーマが不倫、隠し子等々現代のタブーだらけですが、原作は昔の話ですから「作者の意図を尊重し、原作のまま上演しているんだ」というおおらかな気持ちで観ればいいと思います。

 

それにしても

 下北沢まで行ったのに、駅と劇場を往復しただけで街ブラも楽しまないなんて無粋だなぁと反省しています。

 

 詳しい情報は↓からどうぞ。

katoken.la.coocan.jp

 

”他民族の存在を認めることは決してできない”という妄想への静かな批判 みかんの丘

f:id:Ta-Basco:20191022164324j:plain
 

2013年 エストニアジョージア

 

(プロローグ)

”100年前エストニア人はコーカサスに移住。1992年ジョージアアブハジア間で紛争が勃発し、エストニア系住民は北欧へ帰国。数人を残し村からいなくなった。”

 

 戦線が近づく中、寒村でみかんの収穫を急ぐ老年のエストニア系住民のイヴォとマルゴス。

 ある日彼らの家の前で、短い銃撃戦が始まります。駆けつけると、そこには2台の車と数名の兵士が倒れていました。多くは死んでいましたが、まだ息がある兵士が2人いました。一人はチェチェン人でアブハジアの傭兵アハメド、もう一人はジョージア人兵士のニカ。ついさっきまで戦っていた敵同士です。

 イヴォは重傷の2人を自分の家の別々の部屋に運びベッドを与えます。アハメドとニカは敵対心をむき出しに殺してやると言い争いますが、イヴォに恩義を感じていたので、この家の中では殺し合いをしてはならないという言いつけを守り、自重します。

 敵同士のアハメドとニカ、そして紛争によって永年守ってきた土地を失いかけているエストニア人のイヴォとマルゴスの4人が、数日間同じ空間で過ごすことになります。

 お互いに言葉を交わすうちに、憎しみ合って殺し合う理由がないことにアハメドとニカが気づきつつあったある日、車でやってきた数人の兵士が、庭で薪割をしていたアハメドジョージア人だと誤解し殺害しようとします。アハメドを助けるため、ニカが家の中から兵士達を銃撃しますが、マルゴスとニカはその戦闘で命を落としてしまいます。

 2人を埋葬するイヴォとアハメド、そのときイヴォはアハメドに自分がこの地を去らない理由を明かします。その理由とは……。

 

 アブハジア紛争を舞台にした作品です。とは言っても、この作品を観るまでアブハジア紛争のことは知りませんでした。

 私なりに調べた結果を簡単にまとめると、旧ソ連の結束が弱まる中でグルジア(現在はジョージアと呼称)の独立機運が高まった。その際自治権の廃止(グルジア化の強制)を危惧したグルジア領内のアブハズ人が、独立のために蜂起したということのようです。現在も国際的には未承認ながら、事実上アブハジア共和国として独立状態にあるそうです(台湾のような感じですね。)。多民族国家の苦悩は、日本では理解し難いものがあります。

 

 イヴォ達の家がある場所はまだ前線ではないという設定のため、派手な戦闘シーンはありません。しかし、静かな山中に鳴り響く数回の銃声は、確実に人を死に至らしめます。派手な銃撃戦であろうとなかろうと、人の命を奪うのは一発の銃弾で十分なのだということを改めて思い知らされます。

 この作品は、冬が近づく寒村の凛と冷えた空気が伝わってくるような映像が非常に印象的で、それが乾いた銃声の不気味さをも際立たせます。

 多民族を一つの国家に束ねてしまうことに無理があるのか、多民族であってもお互いを尊重しあって一つの国家を形成しうるのか、日本で生まれ育った私には皆目見当もつきませんが、世界中で今も多くの紛争や内戦が繰り広げられ、多くの人生が翻弄されていることを忘れてはならないと思いました。

 ジャケット写真等では疲れた老人の話のような印象を受けますが、展開も小気味よく没入できる良作です。

 

 同じ題材で「とうもろこしの島」という作品もあるそうですが未見ですので、また別の機会に。

  

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

みかんの丘 [DVD]

みかんの丘 [DVD]

 

正解がない問題だと判っていても正解を探し続ける苦悶 パラダイス・ナウ

f:id:Ta-Basco:20191020182126j:plain
 

2005年 フランス・ドイツ・オランダ・パレスチナ

 

 イスラエル占領地ヨルダン川西岸ナブルスに住むサイードとハーリドは、自動車修理工として働くごく普通のパレスチナの青年です。

 

 ある日、サイードとハーリドは過激派組織から自爆テロの実行役に任命されます。

 正義も自由も奪われたら人は戦うしか無い、そして武器を持たない自分達は己の肉体を武器にするしかにないと教え込まれ、自爆による殉教だけが自由を勝ち取る唯一の方法であると信じる2人は、当然のことのようにその役割を引き受けます。

 

 計画では、境界のフェンスから侵入して案内役の手引でテルアビブの中心地に行き自爆することになっていました。

 2人は体に爆弾を巻きつけ、結婚式の招待客を装うために黒のスーツに身を包み出発します。

 しかしフェンスを越えた直後にイスラエル兵に発見され、2人は早々に引き返す羽目になってしまいます。

 翌日、2人は改めて計画の実行のためテルアビブに向かいます。

 今度は無事に目的地にたどり着きますが、実行の直前、突然ハーリドが自爆テロは間違っている、もっと別の方法があるはずだと言い出します。ハーリドの意見に従い、2人は案内役を呼び戻すことにします。しかしサイードは、待ち合わせ場所にやってきた案内役の車にハーリドだけを押し込み発車させます。

 そして単身、イスラエル軍の兵士や市民で満員のバスに乗り込むのです。

 

f:id:Ta-Basco:20191020182156j:plain

 

 無音のエンドロールがサイードの最期を予感させます。

 アメリカ映画では、CIA等がパレスチナ過激派のテロ計画を潰すために活躍するといった作品しかありませんが、この作品は、そのパレスチナの人々の目に映る世界を描いた貴重な作品です。

 軍事力ではイスラエルに到底太刀打ちできない絶望的な状況において、なお自分達の意思を表すためには自らの肉体を武器にして相手にダメージを負わせるしかない。自爆テロはともすれば狂信的なイスラム教徒の犯行と受け止められがちですが、「窮鼠猫を噛む」思いであることが分かりました。

 スーハ(あらすじでは割愛していますが、サイードが密かに心を通わせる女性)はパレスチナ問題にも理性的な解決方法があるはずだと主張しますが、サイードはそれは空論だと反論します。しかし実際のところ、そのどちらも正解ではないことに彼らは薄々(またはとうの昔に)気づいています。いわば正解がない問題に正解を求める、そんな辛い堂々巡りが続いているのだと思います。

(私はパレスチナ問題について詳しくないので、これは情緒的な感想です。)

 パレスチナのごく普通の若者を等身大で描いた良作です。

  

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

パラダイス・ナウ [DVD]

パラダイス・ナウ [DVD]

 

男と女のラブゲーム(大惨劇編) ハネムーン・キラーズ

f:id:Ta-Basco:20191020210405j:plain

1970年 アメリ

 

 マーサは(太めの)堅物の婦長です。隣人の勧めで文通クラブに登録します。最初は乗り気でなかったマーサですが、レイ・フェルナンデスという男性との文通に熱を上げ、彼が住むニューヨークまで押しかけます。そんなマーサとの関係を終わりにしたかったレイは、自分が結婚詐欺師であることを打ち明けます。

 レイの正体を知った後も、マーサのレイに対する気持ちは変わりませんでした。仕事を辞め、同居していた母親を見捨て、レイの家に転がり込みます。そして、十分な金を稼いだら結婚詐欺は辞めるというレイの言葉を信じつつ、レイが他の女に心変わりしないよう身内(姉であったり妹であったり)のふりをして行動を伴にすることにしたのです。

 マーサが一緒になって、レイも仕事のやり方を変えざるをえませんでした。何故ならマーサの嫉妬心がレイを急かすからです。当然相手の女性からも疑われるようになりますが、女性が騒ぎ出すとマーサは迷いもなく殺してしまいます。

 レイも最初は人を殺めることに罪悪感を感じていましたが、そのうちそれもやむを得ないことと思うようになりました。

 次々と女性を殺害した2人は、次のターゲットの女性の家を訪れます。

 マーサはその女性から、自分の知らないところでレイとその女性が関係を持っていたこと、そして妊娠したことを打ち明けられます。それを聞いたマーサの嫉妬心は燃え上がり、その女性を殺してしまいます。

 レイが死体の処理をしている中、レイの裏切りに打ちひしがれたマーサは自ら警察に通報し、逮捕されます。

 

 裁判の被告として拘置されているマーサのところに、同じく拘置されているレイから手紙が届きます。その手紙にはこう書いてありました。

”いずれ2人共死ぬことになる。その前に言っておきたいことがある。愛していた女はお前一人だ。あの世で会おう。”

 2人は1951年3月8日にシンシン刑務所で電気椅子で処刑されました。

 

 実話ベースとのこと。

 あらすじの最初にカッコ書きで「太めの」としましたが、マーサがそれまで恋愛に恵まれなかったのが体型のせいと仄めかすシーンがあるためで、個人的には体型とその人の魅力は関係ないと思っています。「太め」だから「自制心がない」とか「怠け者だ」というのも、「包容力がある」とか「優しい」というのも迷信だと思います。しかし、社会一般的にはマーサは太め故にモテなかったということを言いたかったのでしょう。

 実話では20人以上殺したそうです(さすがに本作でその全てを語っているわけではありません)。

 思ったのは、寂しい女性を騙して財産を騙し取る詐欺師のレイと、真面目な看護婦長のマーサが知り合うことがなければ、こんな惨劇は生まれなかっただろうということです。2人ともそれまで人を殺めたことはなかったのですから。

 最後にレイがマーサに送った手紙がどこまで本心だったのか、私には分かりませんでした。人は嘘を塗り重ねると、やがてその嘘を信じ込むようになり、自分の本心を見失ってしまうからです。信じた以上、何であれそれが本心だとも言えますが。

 

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

ハネムーン・キラーズ [DVD]

ハネムーン・キラーズ [DVD]