バスコのLIFE GOES ON!

40代でエレキギターを始めた愚か者の雑記帳。映画、音楽等についても申し述べます。

これはコメディードラマの傑作!俳優さんたちの名演技がスゴい 民王

f:id:Ta-Basco:20190709214222j:plain

 

 池井戸潤さん原作のTVドラマです。

 総理大臣の父親と頼りない大学生の息子が、ある日突然入れ替わってしまうという、結構よくある設定ですが、遠藤憲一さんを始めとする俳優陣の演技力が素晴らしくいちいち大爆笑です。入れ替わった直後、総理大臣(遠藤憲一さん)の姿となった息子が国会答弁することになったのですが、秘書が書いた原稿の漢字を未曾有(みぞうゆう)、直面(じかめん)、発足(はつあし)、補填(ほちん)、善処(ぜんどころ)とことごとく読み間違えます。

 そのテレビ中継を観ていた息子(菅田将輝さん)の姿をした総理大臣は、秘書(高橋一生さん)に向かって「貝原~、なぜルビをふらなかった~!」と怒鳴りつけます。

 それに対して貝原、

 「…本気で言ってます?」

 「…」

 総理大臣の姿をした息子の政治家らしからぬ発言が、ときに良い結果を生み、父親として息子を見直す場面などもありつつ、全編にわたってよくできたコメディードラマです。それにしても、観ている方は違和感がありませんが、撮影時の現場は混乱の極みだったのでは?と思ってしまいます。

 AmazonPrimeなら全部無料で観れます!