バスコのLIFE GOES ON!

40代でエレキギターを始めた愚か者の雑記帳。映画、音楽等についても申し述べます。

プロテインは筋トレする人専用ではないのだ 筋力が衰えがちな中高齢者にも!

f:id:Ta-Basco:20190817110806j:plain

 一昔前は、ストイックにトレーニングを続ける人たちのためのアイテムだったプロテイン。最近は、筋力が衰えてくる中高齢者の使用も推奨されているようです。

 

 そもそもプロテインとは、必須栄養素であるタンパク質のことで、タンパク質は筋肉だけではなく身体の維持のためにいろいろな働きをしています。普段の食事できちんと摂取できていれば必要ないのですが、サプリ系あるあるで、食事だけでは必要量を摂取することが大変なようです。だから、不足分を補うということは、筋肉増強のためだけでなく、健康維持のために大切なのです。

 

 プロテインには、動物性の「ホエイ」と植物性の「ソイ」がありますが、筋肉肥大を目的とするのであれば、ホエイプロテインのほうが有効と言われています。

 

 プロテインは、スポーツ用品売り場へ行けば分かるように、大きなアルミ大袋で陳列されています。中には粉と計量スプーンが入っているので、規定量をスプーンで計ってプロテインシェーカーに入れ、水と混ぜて飲みます。プロテインは水に溶けにくいので、普通のコップに入れてスプーンでかき回すのではなく、プロテインシェーカーの蓋を閉めて振り回して溶かします。だから、必ず一緒に購入しましょう。

 

 プロテインは「美味しくない」と言われているため、メーカーの方でも香料で風味づけして販売しているものが多いです。

 

 プロテインの紹介サイトでは、「溶けやすい」、「美味しい」を宣伝文句にしています。つまり、これらがプロテインのウィークポイントであり、数ある商品の中から選ぶときのポイントにもなります。

 

 私が使っているのは、nichie ホエイプロテイン WPC です。ポイントは、

① いろいろ混ぜものがなくシンプルでピュア

② 溶けやすい

③ プレーン風味なのでクセがない

③ 安価

④ パッケージが頑張りすぎていない

ことです。正直、プロテインのパッケージは、ちょっと力みすぎなのが多いですよね。

 ”いろいろ混ぜものがない”という点ですが、有名メーカーとnichieの原材料を比較してみると一目瞭然です。付加価値のためにいろいろ混ぜているのでしょうからダメというわけではありませんが、私はシンプルな方が好きです。

f:id:Ta-Basco:20190817113136p:plain

 ↑ とある商品

f:id:Ta-Basco:20190817113505j:plain

 ↑ nichie ホエイプロテイン WPC

 

 プロテインシェーカーはDHCのものを使っています。ポイントは、安価で、蓋がドーム状になっていて撹拌されやすそうなところです。液だれもしませんし、プロテインがダマになることもないので、機能性は十分です。

 

 そのまま飲んでも問題ありませんが、一応風味づけということでココアパウダーを少しだけ混ぜています。気分によって味変できるところも、最初から風味漬けされていないプレーンのメリットですね。まあ、砂糖を入れるのはあまりおすすめしません。

 

f:id:Ta-Basco:20190817110806j:plainf:id:Ta-Basco:20190817111132j:plainf:id:Ta-Basco:20190817110842j:plainf:id:Ta-Basco:20190817111242j:plain

 プロテインは、トレーニングの直後に摂取するのがいいと言われています。ジムなどでトレーニングするときは、プロテインシェーカーに粉だけ入れて持っていき、現地で水と混ぜて飲むのがベターです。

 

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。