バスコのLIFE GOES ON!

40代でエレキギターを始めた愚か者の雑記帳。映画、音楽等についても申し述べます。

ただただ美しい、あるイタリア人の人生の回顧録です ニュー・シネマ・パラダイス

f:id:Ta-Basco:20190821202131j:plain


 

1988年 イタリア

 定番の名作の一つです。

 有名な映画監督サルヴァトーレの元に、永く帰省していない故郷の母からアルフレードの訃報が届きます。

 夜ベッドの中でサルヴァトーレは故郷での日々を回想します。

 アルフレードは村の映画館の映写技師で、小さかったサルヴァトーレ(トトと呼ばれていた)は毎日のようにアルフレードの仕事場に行き、将来はアルフレードのような映写技師になりたいと思っていました。当時は信仰上の理由で牧師からキスシーンなどはカットして上映するよう命じられていたのですが、そのカットシーンのフィルムを欲しがり、アルフレードに怒られるという毎日でした。

 そんなある日、映写中のフィルムが発火して火災になり、村の映画館は全焼、アルフレードも大やけどを負って失明してしまいます。

 たまたまサッカーくじに当たった村人がオーナーとなり、映画館は建て替えられます。そしてアルフレードの後任の映画技師をトトが勤めることになります。当時映画は村の唯一の娯楽であり、毎日のように映画館には村人たちが集い、楽しんでいました。

 やがて青年になったトトに、アルフレードは「お前はこの村のことを忘れろ、別の場所に行って前に進め。二度と帰ってくるな。」と言い渡します。アルフレードはトトが有望で片田舎で人生を終えるべき青年ではないことを見抜いていたのです。トト(サルヴァトーレ)は、アルフレードの言葉に従い、故郷を去ります。そして、ローマで成功を収めたのです。

 ……母からの知らせを受けて、サルヴァトーレはアルフレードの葬儀に参列するため30年ぶりに帰郷します。葬儀の途中広場を通りかかると、かつて村人たちが集っていた映画館が閉館して廃墟になっていました。ビデオの普及で映画を観る村人がいなくなってしまったのです。

 葬儀を終え、映画館の取り壊しを見届けたサルヴァトーレはローマに帰ります。その手には、アルフレードが生前サルヴァトーレの母に託した1本のフィルムがありました。サルヴァトーレが独り映写室でそのフィルムを再生すると、……。

 

 ただ、真っ直ぐに語られる回顧録。伏線やひねりは一切ありません。悪人も出てきません。しかし、それは「思い出は美化される」という普遍の事実を忠実に描いているからだと言えるでしょう。ただただ美しい、あるイタリア人の人生の回顧録です。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。