バスコのLIFE GOES ON!

40代でエレキギターを始めた愚か者の雑記帳。映画、音楽等についても申し述べます。

身の丈を過ぎた生き方は、我が身を滅ぼす スカーフェイス

f:id:Ta-Basco:20190824172620j:plain


  

1983年 アメリ

 1980年キューバカストロ議長は、アメリカに家族がいるキューバ人125,000人の出国を認めました。その中には犯罪歴がある25,000人も含まれていました。

 トニー・モンタナもその機会にアメリカにやってきます。難民キャンプに収容されていたトニーは、キューバの有名な政治犯を殺害計画に加わればアメリカ永住権を与えるという陰謀に加わり、アメリカ社会の一員になります。

 初めはマフィアの下っ端に過ぎなかったトニーですが、持ち前の度胸でマフィアのボス、ロペスに頼りにされるようになります。

 やがてトニーは野心のないロペスの手下でいることに満足できなくなり、ロペスを殺して自分がマフィアのボスになります。トニーはボリビアの麻薬の有力サプライヤーであるソーサと組み、たちまち巨万の富を手にします。

 しかし、それまで成功することだけを目標に突っ走ってきたトニーは、徐々に虚無感に蝕まれ、仲間に当たり散らし孤立していきます。

 資金洗浄を請け負っていた銀行と手数料の交渉で揉めたトニーは、別の業者を使います。それは警察のおとり捜査でした。

 容疑者として裁かれることになったトニーにソーサの提案がある提案をします。それはトニーが刑務所に入らなくてすむように有力者に働きかける代わりに、最近ソーサ達を告発しようと活動している人物の暗殺に手を貸すというものでした。

 ソーサの提案に乗ったトニーの役割は、ターゲットの車に仕掛けた爆弾を、ソーサの手下がリモコンで起爆できるよう車で追跡することでした。しかし、たまたまその日ターゲットの車には彼の子供も同乗していました。トニーは子供を殺すのは流儀ではないと、土壇場でソーサの手下を殺害して暗殺計画を台無しにしてしまいます。

 そのことを知ったソーサは怒り心頭で、トニーの邸宅を手下とともに強襲します。

 さてトニーの運命は……。

 

f:id:Ta-Basco:20190824172758j:plain

 

 アル・パチーノの演技が光ります。無一文から組織のトップに上り詰めた男の半生を3時間たらずの尺で描いています。そのためストーリーは駆け足で進むのですが、それが故に、ほんの1,2の出来事で人生は転機を迎えるのだと気付かされます。

 富さえ手に入れれば幸福な人生が約束されるはずだと信じて疑わなかった男がそれを実現したとき、そこにあったのは幸福ではなく虚無感だけだった。「富を目的としてはいけない」そんなメッセージがこめられています。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。