バスコのLIFE GOES ON!

40代でエレキギターを始めた愚か者の雑記帳。映画、音楽等についても申し述べます。

ランニングアプリの決定版 NIKE RUN CLUB

f:id:Ta-Basco:20190907114711p:plain

  若い頃と違って、意識的に鍛えないと衰える一方の体力。どうせ走るなら、記録に残したい。記録に残せば、また走る気にもなる。私にとっては、そういったモチベーション維持に不可欠なアイテムです。

 これまで、RuntasticやRunkeeperも試してみましたが、いずれも有料。別に有料でもお金を払う価値があればケチるつもりはありませんが、このNikeRunClubはそれらのアプリと遜色ないどころか無料。ということで一択です。

  1.  セットアップも簡単です。AppStoreでアプリをダウンロードします(アンドロイド版もあるようです。)。
  2.  左上のアイコンをタップします。f:id:Ta-Basco:20190907120636p:plain
  3. 「設定」をタップします。

    f:id:Ta-Basco:20190907120843p:plain

  4. 「ラン設定」をタップします。

    f:id:Ta-Basco:20190907120925p:plain

  5. こんな感じで設定してみます。カウントダウンは、長めにしておいた方がiphoneをウエストポーチに入れたりする時間的余裕があっていいと思います。「の設定AppleWatch」(笑)はAppleWatchと連動させる場合のみ設定します。当然心拍数もiphone単体では計測できません。

    f:id:Ta-Basco:20190907121206p:plain

  6.  ランニングのルート、スプリットなどを確認することが出来ます。

    f:id:Ta-Basco:20190907141208p:plain

  7.  アクティビティ画面で履歴やトロフィーを確認できます。

    f:id:Ta-Basco:20190907121635p:plain

    f:id:Ta-Basco:20190907140627p:plain

  8.   パートナーアプリはSpotifyとなっていますが、AppleMusic等でも問題なく音楽を聞きながら、ガイド音声を再生することが出来ます。ガイド音声の頻度も設定できますが、私は0.25kmごとにガイドするよう設定しています。

  9.  iphoneでスタートすると、自動的にAppleWatchにサブ画面として情報が表示されます。ただしiphoneの画面がついたままになっていると、AppleWatchは反応しません。おかしいなと思ったら、iphoneの画面を消してみてください(それでダメならもう一度「の設定AppleWatch」でペアリングしてみてください)。
  10.  停止するときは停止ボタンを長押しします(iphone、AppleWatchとも共通)。
  11.  iphoneでスタートしながら、AppleWatchでもスタートすると、別々のランニングとして重複記録されてしまいます。うまく連動できていないときに注意してください(履歴は消去できます。)。
  12.  AppleWatch側でスタートすると、ガイド音声もAppleWatch側で再生されてしまいます。iphoneと連動させたい場合は、必ずiphone側でスタートしましょう

最後までお付き合いいただきありがとうございました。