バスコのLIFE GOES ON!

40代でエレキギターを始めた愚か者の雑記帳。映画、音楽等についても申し述べます。

竜巻に巻き込まれた先には…(NOT オズの魔法使い) イントゥ・ザ・ストーム

f:id:Ta-Basco:20190914211924j:plain
 

2014年 アメリ

 

 ドキュメンタリ番組製作者のピートは、竜巻の映像をなかなか撮影できずに苛ついていました。

 そんな中、撮影チームの一員である気象学者アリソンがシルバータウンに竜巻が発生すると予知します。

 半信半疑ながらピートはシルバータウンに向かいます。ピートの自慢の装備は、風速75メートルでも耐えられる装甲車タイタス。目標はタイタスで竜巻の目を撮影することでした。

 

 その頃シルバータウンの高校では卒業式を行っていました。式の途中、突然天候が悪化したため生徒たちはシェルターに避難します。間もなく竜巻の第一陣が街を襲います。教頭のゲイリーは、長男のドニーが友人の課題の手伝いのため、高校ではなく廃工場にいることを知り救出へ向かいます。

 

 それぞれの道中で、ピート達のチームとゲイリーは偶然出会い合流し、ドニー達を救出します。

f:id:Ta-Basco:20190916090428j:plain

 第一陣の竜巻が去ったシルバータウンの空で、再び竜巻が発生します。そして同時に発生した複数の竜巻が一つに合体して、前例がない規模の巨大竜巻に成長すると、街中の人々が避難しているシルバータウン高校のある方に進路を取り始めます。

 ピート達は急いで高校へ向かい、全員をスクールバスに分乗させ、別の場所に避難させます。しかし車列の途中で鉄塔が倒れ、ピート達は立ち往生してしまいます。止む無く施工中の大口径の排水管の中で竜巻をやり過ごすことにしましたが、竜巻の威力は強大で排水管の出口の柵が飛ばされそうになってしまいます。

 このままでは全員助からないと考えたピートがタイタスに乗り込み、出口の柵を押さえます。ひどい強風を耐えしのぐと急に風が収まりました。竜巻の目に入ったのです。一瞬の静寂の後、さらにひどい強風が襲ってきます。推定風速は135メートル。タイタスはその猛威に耐えられるのでしょうか……。

 

 この映画は、ちょっとしたヒューマンドラマの要素もあるのですが、個人的にはラストシーンが衝撃的でした。書いてしまうと面白くないので、気になる方は最後の15分だけでも観て下さい。必見です。(もちろん全部見た方が楽しいです)

 

youtu.be


最後までお付き合いいただきありがとうございました。