バスコのLIFE GOES ON!

40代でエレキギターを始めた愚か者の雑記帳。映画、音楽等についても申し述べます。

永遠の孤独に陥った男。その理由は……。 The brown bunny

f:id:Ta-Basco:20191005171746j:plain 

 

 2003年 アメリ

 

 ヴィンセント・ギャロ主演

 

 バイクレーサーのバド・クレイ。

 レースを終えて、次の開催地ロス・アンジェルスに向かって独り車を走らせます。

 途中、妻のデイジーの実家を訪れますが、母親からデイジーとはずっと音信不通だと言われます。

 ひたすら車を走らせるバド。

 その途中で出会った数人の金髪の女性と濃厚なキスを交わしますが、キスをし終わると、そのまま立ち去ってしまうという不可解な行動を繰り返します。

 何日かの旅を経て、ロス・アンジェルスの街に入ると廃屋のような民家を訪れ、デイジーの名を叫びながらドアを叩きます。その様子を見ていた隣人が空き家だと教えてくれますが、バドはドアにデイジーに宛てたメモを残します。

 ホテルに戻ったバドは、フロントにデイジーという名の女性が尋ねてきたら部屋に通してほしいと頼みます。そして、バスルームで顔を洗って部屋に戻るとそこにはデイジーがいました。デイジーはそれまでバドがキスをしてきた女性と同じ金髪。

 デイジーはバドに赦して欲しい、そして昔のようにキスをして欲しいと懇願します。始めは頑なに拒んでいたバドですが、やがてデイジーを受け入れます。

 事を終えた後、再びバドはデイジーの不貞を咎めます。デイジーの口からは衝撃の告白が……。

 

 ジャンルとしてはロードムービーと言いたいところですが、少し躊躇われます。

 道中、ほぼ何も起こらないからです。景色が移り変わりゆく中でも、バドがずっと一つのこと~デイジーのこと~に囚われている、そういった内外の対比を描く手段として車での長旅が取り入れられているように感じました。

 ほぼ平板なストーリーが続き、最後になって驚きの展開になるのですが、さらに衝撃的なのが生々しい性的描写シーンです。正直、日本の規制でボカシが入っていた良かったと思いました。原作では当然ボカシなしだったようで、さらにそれがカンヌで流れて物議を醸した作品だったようです。さすがに「オレがやれば、何でもサマになる」とギャロが思っていたとしても、それは自惚れすぎだと誰か止めてあげればよかったのに。おまけにサントラのジャケットまでそのシーンを使っているし。

 それは置いておいて、アメリカを車で旅したい人には特に楽しめる作品だと思います。系統的には「RADIO ON」に似ていますが、そこまで難解ではありません。

 

www1.basco.tokyo

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

(現在、DVD等は販売されていないようです。レンタルで御覧ください。)