バスコのLIFE GOES ON!

40代でエレキギターを始めた愚か者の雑記帳。映画、音楽等についても申し述べます。

盲愛は、自らだけでなく、その相手の人生をも壊してしまう パリ、テキサス

f:id:Ta-Basco:20191014085332j:plain

 

1984年 西ドイツ・フランス

 

 赤い帽子を被りスーツ姿でテキサスの荒野を歩く男。

 どこかも分からぬ小さな集落で倒れ、診療所に運ばれます。医師の問いかけにも沈黙を守る男。困った医師は、男の所持品から名刺を見つけ電話をかけます。医師からの電話を受けたのは、沈黙の男の弟ウォルトでした。そして沈黙の男の名はトラヴィス。4年間行方不明で既に死んだと思われていました。

 仕事を休んでロスからテキサスに駆けつけるウォルト。しかし、トラヴィスはウォルトにも口を開こうとしません。そんな兄に手を焼きながらもウォルトはトラヴィスをロスの自宅へ連れてきます。

 ウォルトと妻のアンは、トラヴィスとその妻ジェーンが行方をくらませてからの4年間、トラヴィス達の息子であるハンターを我が子のように育てていました。

 トラヴィスと8歳になったハンターとの再会。別れたときはまだ幼かったので、ハンターに父親の記憶はありませんでした。しかし何日か一緒の時を過ごすうち、トラヴィスとハンターの距離は少しずつ縮まります。

 ある夜、アンはトラヴィスに、しばらくの間ジェーンと電話で連絡をとっていたこと、ジェーンの頼みで開設したハンター名義の銀行口座に今でもヒューストンの銀行から毎月5日に送金があることを打ち明けます。

 それを聞いたトラヴィスは、ハンターとともに車でテキサスに向かって旅立ちます。

 数日間の父子の二人旅の後、ヒューストンの銀行に到着します。その日はちょうど毎月入金される5日。ジェーンが送金のために銀行に来るはずでした。そして、遂にジェーンを発見した2人はその後を追います。

 ジェーンが向かった先は、マジックミラーを挟んで、個室の客に女性がヌードを見せる等のサービスをする風俗店でした。ジェーンはそこで働いていたのです。客を装い、マジックミラー越しにトラヴィスが語ったジェーンへの想いとは……。

 

 ヴィム・ヴェンダースの代表作の一つであり、ロードムービーの傑作と言われています。

 一人の女性を溺愛しすぎたために自分を見失ったばかりか、愛する女性すら堕落させてしまった男の深い深い自責の念を描いた物語です。

 旅とともに物語が展開するというよりも、最後のパートで、一気に空白の4年間の意味がトラヴィス本人の語りによって明かされるという構成になっています。ですから前半と後半で趣が異なる作品という印象を持つかも。荒野を男が歩く最初のシーンをモチーフに撮影を開始し、撮影中に後半のシナリオを作ったとのことなので、そのせいかも知れません。若干力技という感はありますが、哀愁あるギターの旋律と相まって、雰囲気のある作品に仕上がっています。

 あらすじでは触れていませんが、タイトルの「パリ、テキサス」は、テキサス州のパリという地名で、その名のイメージとは真逆の全くの荒野です。おそらく無価値のその荒野の土地をトラヴィスは通信販売(!)で購入し所有していました。その理由は作中で明らかにされるのですが、トラヴィスにとって始まりの地であり、終の住処としたかった地だったのです。

 

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

youtu.be

ヴィム・ベンダース監督作品は、こちらでも紹介しています。

 

www1.basco.tokyo

 

パリ、テキサス デジタルニューマスター版 [DVD]

パリ、テキサス デジタルニューマスター版 [DVD]