バスコのLIFE GOES ON!

40代でエレキギターを始めた愚か者の雑記帳。映画、音楽等についても申し述べます。

自分の身に何が起こっても、「自己責任」と自分に言えますか? 私は、ダニエル・ブレイク

f:id:Ta-Basco:20191109224915j:plain

 

 2016年 イギリス・フランス

 

 (注)今回のあらすじはラストまで書かれています。 

 

 ダニエル・ブレイクは、最愛の妻に先立たれながらも、40年間大工一筋で頑張ってきましたが、心臓発作を起こし、医師から仕事をすることを禁じられてしまいました。

 当然支援手当を受給できるものと考えていましたが、予想に反して就業可能と判定され、不支給となってしまいます。納得できないブレイクは、政府が審査を委託している民間企業に問い合わせをしますが、はぐらかされるばかりでラチがあきません。

 止むを得ず職安に求職者手当を申請しようとしますが、こちらも運営を民間企業に委託しているためか、杓子定規の対応です。ブレイクは別の窓口で同じように憤っている2人の子連れの女性ケイティと出会います。

 ケイティは家を失い、ホームレス用の施設にいましたが、施設の環境に子供がストレスを感じていたため古いアパートに引っ越してきたのです。荒廃したアパートを見かねたブイレクは修繕を受け合います。そのことがきっかけで、ブレイクはケイティの子供の面倒を見てやる等手助けするようになります。ブレイクは必死に子供達を育てようとしているケイティを応援したかったのです。

 

 しかしお金に困って追い詰められたケイティは売春に手を染めるようになります。そのことを知ったブレイクは考え直すよう説得しますが、どちらも解決策を持ち合わせていませんでした。

 なぜならブレイク自身もケイティと同じく崖っぷちで、家財道具も売り払わざるをえない状態だったからです。求職者手当の受給のために職安に行っても求職活動が不十分等とケチをつけられます。元々は働けないから支援手当を受給するはずだったのに、それが却下されたために止むを得ず求職者手当を頼ろうとしているブレイクは、やり場のない憤りを感じます。

 ある日、ブレイクはケイティの勧めで支援手当受給のための支援団体を頼ることにします。面接のために団体の事務所に赴いたブレイクの心中に希望が芽生えますが、その矢先に心臓発作が再発し、あっけなく帰らぬ人となってしまいます。

 ブレイクの葬儀で、ケイティはその日ブレイクが支援団体に訴えるために用意していたメモを読み上げます。そこにはこう書いてありました。

私は依頼人でも顧客でもユーザーでもない。怠け者でもたかり屋でも物乞いでも泥棒でもない。国民保険番号でもなく、エラー音でもない。

きちんと税金を払ってきた。そのことを誇りに思っている。

地位の高い者には媚びないが、隣人には手を貸す。

施しは要らない。

私はダニエルブレイク。

私は人間だ。犬ではない。

当たり前の権利を要求する。

敬意ある態度というものを。私はダニエルブレイク。1人の市民だ。

それ以上でも以下でもない。

  イギリスはサッチャー政権下で「小さい政府」を志向し国営企業の民営化を積極的に進めた国です。この映画の主題は、その政策に対するアンチテーゼだと思います。

 今や公務の民営化は世界中で広がっており、日本も例外ではありません。

 それとともに、いつの頃からか「自己責任」という風潮が強まってきているように感じます。確かに個々が他力本願ではなく自立するべきではありますが、予期せぬ事情で自立できなくなった人に対してこの言葉を突きつけるのは酷だと思います。

 人生は何が起きるかわかりません。皆、自分だけは大丈夫と思っていますが一種の錯覚です(正常性バイアスとも)。もし、自分の身に不測の出来事が降りかかったとしても、なお「自己責任」と自分に言い聞かせることができるという確信を持てる人以外は、無闇にこの言葉を使うべきではない、そんなことを考えさせられました。

 

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 
わたしは、ダニエル・ブレイク [DVD]

わたしは、ダニエル・ブレイク [DVD]