バスコのLIFE GOES ON!

40代でエレキギターを始めた愚か者の雑記帳。映画、音楽等についても申し述べます。

ブラピになる方法が分かりました。 ファイト・クラブ

f:id:Ta-Basco:20191124153326j:plain
 

 1997年 アメリ

 

(注)ネタバレを含みます。

f:id:Ta-Basco:20191124145718j:plain

 男(名前は最後まで語られない)は、自動車会社の社員として働いています。高級マンションに住み家具はこだわりの北欧家具が並んでいます。男は不眠で悩んでいました。しかし医師は薬を処方してくれず、辛くて我慢できないという男に、睾丸がん患者サポート会に行ってみれば本当の辛さの意味が分かると立ち去ってしまいます。

 意味も分からないまま、男は石の言葉に従いサポート会に行きます。そこで他の参加者と抱き合って泣き叫んでみると、解放感からかよく眠れるようになります。それが癖になった男はいろいろな病気の患者の会に参加するようになります。ある日、いろいろな患者の会に女が現れるようになります。その女に自分の正体を見透かされているように感じた男は感情移入できなくなり、再び不眠症になってしまいます。

 ある日、男は出張から戻る機中でタイラー・ダーデンという男と隣り合わせになります。タイラーはみんな物欲主義に洗脳されている、全てを捨ててどん底に落ちてこそ初めて生を実感できるという変わった主義に持ち主でした。自分とは正反対の性格のタイラーを気に入った男は連絡先を交わします。

 男が出張から帰宅すると自分の部屋が燃えていました。突然戻る場所を失った男は、ついさっき出会ったばかりのタイラーに助けを求め、彼の住処に転がり込むことにします。そこは、すでに取り壊しが決まった廃屋でした。水も止められ、電力も不十分な薄汚い廃屋でのタイラーと男の奇妙な2人暮らしが始まります。

 2人は平日はそれぞれ働き、週末はバーの裏で殴り合いをするのが日課になりました。なぜ殴り合うのか?タイラーによれば、そうすることで社会の呪縛から逃れ”生”を実感できるからです。徐々に見物人が増えていき参加を志願する者が現れるようになります。やがて殴り合いは”ファイトクラブ”と名付けられ、バーの地下で夜な夜な開催されるようになりました。タイラーはそのリーダーとしてクラブを仕切ります。タイラーの大胆で豪快な性格、そしてカリスマ性に魅了された男の価値観や道徳観は日に日に変化していきます。

 クラブの規模が大きくなると、次にタイラーはその中から選抜したメンバーを「スペースモンキーズ」として組織化し、メイヘム(騒乱)計画を企て始めます。男が尋ねてもタイラーや「スペースモンキーズ」のメンバー達はルールだと言って計画について口を開こうとしません。自分に相談もなくことを進め始めたタイラーに男は苛立ちを感じます。

 ある日、タイラーが姿を消しました。男はタイラーの残した航空券から彼の足取りを追います。男は行き先々でファイトクラブ支部の存在を感じます。しかし肝心なタイラーとは行き違いで会うことができません。そんなとき訪れたある支部のメンバーから「あなたがタイラー・ダーデンだ」と男は告げられます。

 そうです。男が無意識に抱いてた理想像がタイラー・ダーデンであり、男が寝ている(と思っている)間、男はタイラー・ダーデンとして活躍していたのです。そのタイラーが企てていたメイヘム計画とは金融機関のビルを同時に爆破し、人々の借金を全て帳消しにするというものだということを男は知ります。自覚はないとはいえ、自分が大掛かりな犯罪計画を指揮していることに気付いた男は必死で計画を阻止しようとします。しかし計画の実行準備は、男が予想するよりずっと大規模な組織に成長していた「スペースモンキーズ」によって着々と進められています。さて男はもう一人の自分~タイラー~が企てた犯罪計画を阻止することができるでしょうか。

f:id:Ta-Basco:20191124145901j:plain

 解離性障害の男の話です。解離性障害の場合、どちらが本当の人格と言うのか私には専門的なことは分かりませんが、この話では強いストレスを感じた男に、潜在的な理想像であるタイラーという、いわば”副人格”が芽生えたという設定になっています。副人格が冴えない感じだったら良かったのでしょうが、残念ながら男の副人格は優れたカリスマ性と実行力を持ち合わせていたがために大ごとになってしまいました。

 原作の出来がいいせいか(読んでいませんが)、ストーリーはなかなか面白いですが、特に最初の方は、メメントぽく細切れに時間軸を遡る展開になるので、事情が飲み込みづらく劇場で観ると特に頭を使わされるパターンです。

 ブラッド・ピットがひたすらかっこいい映画ですね。私は主人公のエドワード・ノートンもいいと思いますが、やはりブラピには”華”があります。

 余談ですが、この映画にはサブリミナルが使われています。最後に肌色一色のシーンが一瞬挿入されているのですが、コマで見ると「あっ」でした。まあ少し狙い過ぎですね。

 

  アマプラで無料で観れます(2019.11時点)

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。